ページの上段へ

データ復旧・取り出し・パソコン修理 三重県松阪市アビーライン

復旧事例修理

記事一覧

ハードディスクデータ復旧

業務でご使用されていたシーゲート製ハードディスク

異音がして認識せず。

比較的数が少ない機種でしたが、ストックパーツがあり復旧処置試行

無事、内部データを復旧可能にいたしました。

ファイル 904-1.jpg


CD・DVDデータ復旧

ムービが入っていたDVD-RW

DVDプレーヤーで認識できなくなり、パソコンにてソフトで色々試したが見れなくなったとの事

ファイル 907-1.jpg

通常では空の状態で正常な認識ではなく、領域も認識していない状態

特殊な方法でまず内部痕を回収し成功

ファイル 907-2.jpg

内部データは通常の解析では全くでない配置データ

特殊な解析にて内部データ(ムービー)を復旧可能にいたしました。


東芝HDDデータ復旧

ノートパソコン内蔵の東芝HDD、カコンカコンと異音がして認識しないとの事

物理重度症状

内部ヘッドまたはプラッター損傷

ヘッド交換処置にてSAを読み込み認識するも即ヘッド破損にて同症状

この様な場合はヘッドクラッシュ等によるプラッター不良

再度、新ヘッド交換処置を複数行いSAリード、復旧機器を使用して4ヘッド中の不良と思われるプラッターヘッドを徐々に推測し、止めてリード

最終、不良のあるプラッター(今回3,4番ヘッド)を損傷を避け集中リード

結果、フォルダ構造付で存在するデータを復旧可能にいたしました。

ファイル 902-1.jpg


I-ODATA NASデータ復旧

I-ODATA NAS HDLGT認識せず

HDD4台中2台が不良

1台はリードが可能でしたので残りを使用して無事データ復旧可能にいたしました。

ファイル 903-1.jpg


シーゲートHDDデータ復旧

シーゲートHDD、カコンカコンと非常に大きな異音をだし、認識せず

ファイル 900-1.jpg

調査の結果、ヘッドリターン SA読み込み不可 物理重度障害

ドナーを複数入手し、開封処置 ヘッドアーシー交換

成功にてSA読み込みが可能に

ファイル 900-2.jpg

しかし状態が不安定の為、復旧機器にてリードでSA不認識に

手動にてリードエラー部を避け復旧

ほぼ全てのデータを復旧可能にいたしました。




バッファローNASデータ復旧

企業でご使用されていたバッファローNAS認識せず

smart情報上は特に問題ないものの開かず

安全に内部を退避させ解析し、無事データを復旧可能にいたしました。

ファイル 901-1.jpg

パソコン修理関連

富士通ノート起動後固まる

お調べすると内部HDDの故障

安全にデータ復旧機器にて内部回収

新しいHDDに再構築

データ、設定等以前の状態で安定して動作するようになりました。

ファイル 898-19.jpg




富士通ノート起動せず

重度のHDD故障

データはご不用との事で、リカバリー部を復旧

この機種は先頭にリカバリを持つタイプでしたが辛うじて復旧可能

新しいHDDに移植、再セットアップし起動するようになりました。

ファイル 898-18.jpg




落雷後、iMac起動しない

分解調査にて内部損傷部品を特定、交換

別途画面が映らない症状があり、修正

無事以前の状態で起動動作するようになりました。

ファイル 898-15.jpg




DELLノート起動しない

基板不良にて不良個所を調査

ファイル 898-16.jpg

無事以前の状態で起動動作するようになりました。

ファイル 898-17.jpg



HPノートパソコンHDD重度故障

故障したHDDからリカバリーを取り出し新しいHDDにて再セットアップ

起動動作するようになりました。

ファイル 898-12.jpg





acerノートパソコン起動せず

ファン異音にて後に基板チップ焼け、機器にて基板チップ修正試行も不可

基板とファン交換にて起動動作するようになりました。

ファイル 898-13.jpg





富士通ノートパソコン起動途中電源が落ちる、データが必要との事

スタートアップ修復にても0x000000F4エラー

HDDの故障かと思われましたが、物理的に問題なく内部の不良

内部修正試行にて成功

無事以前の状態で起動動作するようになりました。

ファイル 898-14.jpg





ソニーノートパソコン、起動後固まるなどの症状

HDDの故障かと思われましたが特にエラーはなく正常

ウィルス検知もなく内部ソフトウェアの問題

不要起動ソフト類を止めて削除、安定してきどうするようになりました。

特に一部よく干渉問題を起こすウィルス対策関連ソフトがあります。

ファイル 898-11.jpg




NECノートパソコン起動背せず

お調べするとHDDの重度不良

HDDを交換し、幸い損傷の少なかったリカバリを取り出し移植

再セットアップし起動動作するようになりました。

ファイル 898-10.jpg




ASUSノート電源入らず

分解し調査

基板不良にて修理試行

ファイル 898-1.jpg

不良部分を修理し、以前の状態で起動動作可能にいたしました。

昔と比べ現在の基板は非常に薄くなってきており、熱等で簡単に反ってしまいます。

更に表面実装部品の中でも足なしのQFN系等が増えてきており、反りに対して弱く、壊れ易くなっております。

ファイル 898-2.jpg




MacBookキーボード不良

飲み物をこぼしてしまいキーボードの接触不良

洗浄するも改善せず、交換し正常入力できるようになりました。

ファイル 898-6.jpg




NEC一体型パソコン起動しない

分解し、簡易修理にて起動動作するようになりました。

ファイル 898-7.jpg





NEC一体型パソコン起動せず

お調べするとHDD不良とシステム不良

HDDを交換しシステムを復旧修理するも不可

必要データを取り出し、初期化戻し修理

起動動作可能にいたしました。

ファイル 898-3.jpg





NECノート起動せず

ソフトウェアの都合で修理をご希望

お調べするとHDDの重度故障

幸いデータ不要との事で同規格HDD交換し、OSクリーンインストール

起動動作可能にいたしました。

ファイル 898-4.jpg





ソニーバイオデスクPC起動せず

ソフトウェアの都合で修理をご希望

不良部を交換し、起動動作可能になりました。

ファイル 898-5.jpg





DOS/Vパソコン operation not found にて起動せず

SSDの物理不良かと思われましたが

SSDに電源供給できておらず、内部基板配線不良

交換修理し、無事起動さするようになりました。

ファイル 898-8.jpg





ソニーノートパソコン、画面が真っ白な状態

液晶交換いたしました。

ファイル 898-9.jpg


東芝オフコン修理

業務用東芝オフコン起動しない、画面が映らない

分解調査、内部はススが酷く積もっておりファンも全て清掃

メイン基板、出力系を調べるも特に問題なし

ファイル 899-1.jpg

モニター分解調査の結果、こちらの故障

ファイル 899-2.jpg

基板等調査、特定

幸い別の壊れた部品取りモニターがあり、内部品が交換でき

無事修理、起動動作可能になりました。

ファイル 899-3.jpg



東芝HDDデータ復旧

富士通ノート内蔵、東芝HDD認識せず

データ復旧専用機にて認識をさせるも内部損傷が多くリードが詰まり、不可

損傷の多いプラッターを判断し、結果3番ヘッドがあるプラッターに損傷が集中しており

3番を使用せず他ヘッドのみで全てリード

後に3番を集中にリードさせ結合

無事、データを復旧。

HDD交換した富士通ノートにリカバリ領域を移植し再セットアップ

復旧したデータを戻し、起動動作可能になりました。

ファイル 896-1.jpg


重度不良HDD2

seagateのシリーズで多発している不可症例

ST2000DM001、2TB 3プラッター5ヘッドタイプ 上なし

回路正常 プラッター損傷 SA読み込み不可 FailServo Op0100

ヘッド複数回交換も不可

NAS RAID ST2000DM001、2TB 4台 3プラッター5ヘッドタイプ 上なし下なし混在

内2台リード、残り2台 回路正常 プラッター損傷 SA読み込み不可 FailServoOp0100

ヘッド交換数回も不可

ドナー群 一部2プラッター混在

ファイル 893-2.jpg

1枚目に視認できたプラッター

ファイル 893-1.jpg




単体NASに使用されていた ST3000DM

こちらも内部グリス飛(モーターオイル漏れ)散ヘッドクラッシュ

蓋を開けるとグリス粉の跡 以前の酷いものより比較的少ない量です

ファイル 893-3.jpg

フィルターを見ると真っ黒なのですぐに分かります。

ファイル 893-4.jpg

ヘッド削りと内部に見えにくいですが細かな傷

ファイル 893-5.jpg

ヘッド交換処置を試しましたがSAを少しも読み取ることができませんでした。




シーゲートのST2000DM001、異音 SA読み込み不可 FailServoOp0100

ヘッドクラッシュ症状

ヘッドを交換するもプラッター側の損傷がヘッドを痛めるためリードできず

数台分使うも即ヘッド不良になり読み取り不可

ファイル 893-6.jpg




シーゲートのST2000DL003、異音 SA読み込み不可

ファイル 893-7.jpg

ヘッド交換するもSA自体の部分読み込み不良が起き

ヘッドが後にリードできなくなる症状

複数台使用するも不可

ファイル 893-8.jpg

この種のSEAGATE製HDDは殆どがSA認識を出来ず故障しております。




こちらはノートパソコン内蔵HDD

異音(ビープ音)がして回転していない症状

開封確認するとヘッドがあらぬ方向にあり引っかかっている状態

ヘッドを交換するも一部SAしか読み込めず不可

ファイル 893-9.jpg




単体サーバーに使用されていたST2000DM001

HDDヘッドリターン SA障害 Error FAIL Servo Op=0100

クリーンボックスにて該当HDD専用工具を用いてヘッド交換作業

交換後データ復旧専用機器にてリード試行

SAをある程度読み込みHDD認識に至るものの、実データを読み込む動作でヘッドが持たず損傷

プラッター側に傷、コーティングはがれ付着などがあるもよう

複数台の同ヘッド部品交換を試行するも数セクターしか読めず不可

ファイル 893-10.jpg



単体サーバーに使用されていたST2000DM001

HDDヘッドリターン SA障害 Error FAIL Servo Op=0100

クリーンボックスにて該当HDD専用工具を用いてヘッド交換作業

交換後データ復旧専用機器にてリード試行

SAを若干読むものの正しく読めず、再びヘッドリトライへ

Error FAIL Servo Op=0100

こちらも復旧不可

ファイル 893-11.jpg




外付けHDDに使用されていたST2000DM001

HDDヘッドリターン SA障害 Error FAIL Servo Op=0100

クリーンボックスにて該当HDD専用工具を用いてヘッド交換作業

交換後データ復旧専用機器にてリード試行

SAを若干読むもののヘッドが再び損傷、ヘッドリトライへ

Error FAIL Servo Op=0100

こちらも復旧不可

ファイル 893-12.jpg




外付けHDDに使用されていたST1000DM001

HDDヘッドリターン SA障害 Error FAIL Servo Op=0100

クリーンボックスにて該当HDD専用工具を用いてヘッド交換作業

交換後データ復旧専用機器にてリード試行

SAを若干読むもののヘッドが再び損傷、ヘッドリトライへ

Error FAIL Servo Op=0100

こちらも復旧不可




SeagateDMシリーズヘッドリターン

その他50台近くDMシリーズのSA不良、復旧試行・ヘッド交換等を行ってきましたが

オイル漏れの不可以外はヘッド不良でSA障害が起こっているようです。

プラッター側に何か不純物があるのか交換後にSAを読ませてもすぐにエラーが出はじめヘッドが持ちません

復旧は困難です。

ヘッド交換後ある程度復活した状態や初期の軽い症状ならm6などseagateコマンドでファーム修正できる場合があります。