ページの上段へ

データ復旧・取り出し・パソコン修理 三重県松阪市アビーライン

復旧PC・HDD・NASサーバーデータ復旧

概算料金データ復旧

簡易取り出し

分解取り出し ユーザーロックセキュリティレベル

7,000円~12,000円

非商用データ割引

論理障害

フォーマットしてくださいなど、正常認識しない
構造故障、誤フォーマット

20,000円~30,000円

非商用データ割引

物理障害 初期・軽度

フォーマットしてください、正常認識しない
微磁気損傷物理故障

35,000円~40,000円

非商用データ割引

物理障害

フォーマットしてくださいなど、正常認識しない
リード不良大・無理なリード等による磁気損傷多

~58,000円

非商用データ割引

物理障害重度

全く認識しない、初回異音がする、BIOS認識不可

ヘッド損傷・スピンドルモーター損傷・ファームウェア損傷

~63,000円

非商用データ割引

USBメモリ・SDカード類

論理不良・誤フォーマット・構造不良

6,000円~10,000円

非商用データ割引

折れ・物理損傷・基板不良・内部メモリからの復旧

22,000円~30,000円

非商用データ割引

ビデオカメラ

内蔵メモリ復旧

2,0000円~35,000円

内蔵HDD物理故障復旧

お見積り

NASサーバー・RAIDサーバー等

ネットワークサーバー、HDD複数台レイド構成等復旧可能。

バッファローリンクステーション、I-OデータHDLシリーズ問わず。

45,000円~70,000円

企業・法人・商用データ

20%UP

特殊

ドナーが必要な場合や復旧する為の機器を導入する場合、特殊な物・状態・使用・技術的難解の場合は別途+α

復旧データ少割引

損傷や状態が悪くに復旧データが極少等

x%OFF

CheckPoint!
他店・大手業者不可でもご相談、同業者依頼多数、重度の認識不良パソコン~業務サーバーまで復旧可能

※他業者に依頼後、調査・返却破損されたものなどはリスクが高くお受けできない場合がございます。

症状様々な症状

機器様々な専用機器を保有

特殊機器、装置にてデータを復旧

HDDを直接制御する機器

特殊デバイスにてダイレクトにHDDへアクセス・制御

壊れた記憶媒体(HDD)にアクセスしエラーがでたり、正常認識しないにもかかわらず無理に操作をしていませんか?症状を悪化させる可能性があります。

原因の多くはこのケース、当初の状態であれば拾えたデータも破壊され他の領域までも取れなくなる事があります

分かり難いお話ですが、パソコンの中にあるデータ記憶媒体はパソコン修理とは比較できないほど精密且つ難、損傷修理が難しいものです。

起動しないと何度も通電を繰り返しがちですが、場合によってはどんどん大事な領域を破損させている場合があります。

詰まる場合や認識がおかしい場合はすみやかに操作を止める方が無難です、かなりの確率でヘッド等も含めデータ磁性体のあるプラッターも壊していきます。

プラッター(データ磁性体のある盤)が重度損傷すると取れないデータが多々出たり、サービスエリア障害になり復旧困難・不可にもなります。

一般のリードでなく安全に回収

HDDに直接アクセス制御する装置を用いて安全にデータを回収、データ磁性体のあるプラッターの単に前方からだけでなく前方/後方/ジャンプし領域回収、損傷の酷いプラッターを避け無事なプラッターのみを読み込みなど。

以前はタイムアウトやハングアップしていた領域もリードできる様に回復。

また、一部ファームウェアのあるサービスエリアの障害(SA障害)も制御して回収します。

(サービスエリア障害「SA障害」はハードディスクを動かすプログラム「Firmware」全体が基板側だけでなくデータの入っているプラッター側にもあり、その部分を読み込んで初めて正常に動き出す為、この部分が破損している事で動作しない致命的な症状です。)

(特に一部のHDDは安易に基板交換をすると一発でHDD側のサービスエリアを書き換えてしまい2度と取れなくなります、もし誤って行ってしまった場合は事前に申告をお願いします。)

クリーンベンチ内にて開封作業

ヘッド不良、モータ不良など開封作業が必要な場合にクリーンベンチにて作業が可能。

ヘッド交換時に必要な器具も完備

プラッター交換器具もあり、モータ不良時などに有効です。

また基板の不良にも対応しており、機材にて細かな部品、チップやコンデンサ交換ができます。

注意内部は超高精度

ハードディスクを開けてはいけません!

ハードディスク内部図 回転による空気摩擦熱 プラッタ:毎分5000-10000回転以上 この空気の摩擦で熱が発生する

記憶媒体の中には

データの磁気があるディスク盤(プラッターといいます)は毎分5000~10000も回転します(この空気の摩擦で熱が出ます)

これを読み取る時にヘッドは少し浮いています、隙間はミクロン単位で有名な例えで「航空機が地面10cm浮いて飛ぶ精度」タバコの煙の粒子やウィルスもも入れません、入って詰まるともちろん読み込み不可、張り付いたらそうそう取れませんし肉眼で見えません・・

最近は容量が増えてきている為、そのディスクの両面を使い、更に2重3重4重5重とますます精密可しています。

ディスクの取り付け位置、中心・回転・角度もミクロン精度で成り立っています、それを密封(空気穴はあります)して一見何でもない箱になっています。ヘッド活動中の衝撃、周りの湿度なども異常を起こす原因になります。

ディスクを動かすプログラム

記憶媒体にディスクを読み取るプログラムがチップに内蔵されており容量が多い為、足らない分をディスク側にも書いています

このプログラムが正常な状態で読み込みを可能にしています。

技術様々な故障・症状での知識

豊富な技術・機材にてデータを復旧

RAIDサーバー・分散データにも対応

分散型記憶媒体形式にも対応、RAID0・RAID5等など、データを分散して保存しているタイプ

主にサーバー等に使用されている形式です。

Windows Mac Linux 特殊 あらゆるファイル形式にも対応

実は色々なファイル形式があります、通常のNTFS等から特殊ファイルシステムまで、対応しております。

Windowsパソコンからは全く見れない等、お任せ下さい。

物理重度不良にも対応

HDDからの異音など、物理的に異常があり動作しないものもご相談下さい

ヘッド交換、基板修正、等一度ご相談下さい。

長年の技術

パソコンデータ復旧10年の豊富な知識・技術にてお任せ下さい。

数々の復旧にて得た知識を使い、データ復旧に努めます。

HOME