ページの上段へ

復旧事例修理

記事一覧

バッファローHD-LS2.0データ復旧

業務用にご使用されていたバッファローHD-LS2.0認識しない

ファイル 1046-1.jpg

お調べするとHDDはseagate製ST2000DM001(SA不良になり復旧不可ケースが多い機種)

ファイル 1046-2.jpg

データ復旧専用機器を用いてアクセス、幸いまだSA部は生きている状態

SAバックアップ(ROM/モジュール等)し回収開始

しかしリード不可、どのエリアも進まない状態、稀にseagate特有のリターン異音

プラッターデータ位置調査し特定成功、分散リード調査開始

2枚4面仕様、1番と3番がリード不可にて他が回収成功

3番は部分的に不可だったものの最終は回収成功

1番は全く回収できずリードエラーが出すぎ、ヘッド交換予定でしたが

最終は別途方法でヘッド―リードが回復、1番の回収にも成功

結果解析し全60万データを復旧可能にいたしました。








--- Seagateに多いSAリード不可状態 ---


Seagate製、通電時異音数回等のSAリード不良はDiagnosticCommandsで修正できると良いですが 進行しているとコマンド自体がエラーで機能しません。

SA認識を修復できれば分散や回避リードで回収できる可能性があります。

SeagateDiagnosticCommandsPDFがあるリンク

(注意:危険コマンドも多数あり)

https://www.itosaka.com/WordPress/wp-content/uploads/2009/07/Seagate-Diagnostic-Command.pdf