ページの上段へ

復旧事例修理

記事一覧

I-ODATA外付けHDDデータ復旧

I-ODATA外付けHDD認識しない

ファイル 1039-1.jpg

データ復旧機器を用いてアクセス

内部HDDはseagate製ST31500541AS 1.5TBの故障

3枚プラッター5面仕様

アクセスに成功し内部磁気データ回収

幸い後方に損傷多

解析しデータ出力、データ復旧可能にいたしました。

ファイル 1039-2.jpg

ウェスタンデジタル製HDDデータ復旧

ウェスタンデジタル製 WD1600 電源を入れても回転が落ちたりカコンカコンと異音で認識しない状態

他社で高額、キャンセルとの事

物理的故障、データ復旧機器を用いてアクセスも不可

ファームバックアップ試行もアクセス不可

同型近ロットドナー入手 同部品使用、修正試行

結果、成功しアクセス可能に

内部磁気データを無事、解析

データ復旧を可能にいたしました。

ファイル 1035-1.jpg

I-ODATAポータブルHDDデータ復旧

I-ODATAポータブルHDD

データが見れなくなり市販のデータ復旧ツールで試みたものの

不要な不明ファイルばかりで必要データが出ず、更にそのデータを復旧対象HDD内に復元してしまっている状態

データ復旧専用機器を用いて調査

このHDDにはいくつかの歴があり、該当するであろう希望データ系列を発見

しかし不要データで4分の1以上が上書きしてしまっているため破損

結果、破損多数ですが元構造でデータを復旧可能にいたしました。

ファイル 1038-1.jpg

東芝HDDデータ復旧

東芝HDD、MQ01ABF032正常認識せず

データ復旧専用機を使用して調査

アクセスは可能にてRAMやモジュールをバックアップ

1枚プラッターの2面仕様、0番ヘッド・プラッターに損傷部をいくつか発見

ヘッド分散リードを用いて読み込み試行

結果、無事回収成功

内部データを復旧可能にいたしました。

ファイル 1036-1.jpg


バッファローポータブルHDDデータ復旧

バッファローポータブルHDD認識せず

内蔵HDDは seagate製品ST9320325AS 物理重度故障

データ復旧専用機を使用して復旧試行

まずはファームウェアROM・モジュール回収成功

磁気回収試行で先頭からリード不可、エラー

ヘッド分散リード使用プラッターのヘッド分散位置を作成

2枚プラッター3面仕様 内1番が重度不良と判明 0番2番プラッターを先に磁気回収しこちらは成功

1番を集中リードするうまくいかず、このままでは3分の1以上が破損データ

ドナーを用いて開封ヘッド交換処置

この機種に合う専用の交換器具を用いてヘッド処置

、しかしエラーにてヘッドが進まず

こちらもヘッドIDでロックの可能性

結果、1番プラッターのデータもうまく回収でき、解析しデータ出力

無事全データを復旧可能にいたしました。

ファイル 1034-1.jpg


日立HDDデータ復旧

日立1TB HDD、HDS721010

他業者に依頼したものの微数ファイルしか復旧できなかったとの事

データ復旧機器にてお調べするとリード困難な重度物理不良、2枚プラッター4面仕様

ヘッド分散リードを用いて不良部を見極め回避し磁気データを極限まで回収

ドナー数台入手、テスト機で交換工程を確立し本機・ドナーで実行

この機種に合う専用の交換器具を用いてヘッド処置

しかしヘッドID・ROM相違の問題かロックされリードできず

結果1枚目片面50%2枚目片面30%ほど不可でしたが

計1TB領域に対し80%超の磁気データを回収成功し解析出力

取れるだけのデータを構造付で復旧可能にいたしました。

ファイル 1033-1.jpg



バッファローNASデータ復旧

バッファローNAS LS-WX2.0TL 停電後エラーで開かず

内部HDDはseagate製ST1000DM003x2台

1番が以前からなのか既に物理故障、不良セクター有り

安全にデータ復旧機器にて1番・2番磁気回収し、解析出力

全データ復旧可能にいたしました。

ファイル 1032-1.jpg

パソコン修理データ復旧関連

I-ODATA16G SDカード認識しない

裏にえくぼのような痕が少しあり全く認識しない状態

分解調査にて裏からの衝撃でかカバーごと薄い基板を破損させパターンやチップコンなど損傷

ファイル 1018-15.jpg

右下のコントロールチップへの3本断線はかなり細い部分でしたがパターンを復旧

チップコン割れ破損を交換、抵抗半田クラック箇所など修正、しかし認識せず

測定試行するも問題が分からず、ドナー(測定参考用&交換用)を探すも内部基板一致物はなく

ファイル 1018-16.jpg

結果、こちらはコントロールチップ裏側にも衝撃があった痕があり、QFNのクラック

うまく修正できその後に認識可能に

内部約15G分の動画ファイル全データを復旧可能にいたしました。

ファイル 1018-17.jpg




USBメモリ、フォーマットしてくださいのエラーで開かない

同時に2本、同コントロールチップのものが入りましたが

ともにフォーマットしてくださいのエラーが連続して出る症状

(片方はまだ症状固定までなっていない状態)

ドナー取り寄せNANDフラッシュ載せ替えを試みるも残念ながらフラッシュ自体の不良の可能性、復旧難

症状固定になっていない方を初期段階で一部(約1GB領域分のみ)復旧を可能にいたしました。

ファイル 1018-14.jpg



ドライブレコーダーのmicroSD破損

復旧ソフトを使用してみたものの壊れたファイルしか出てこない状態

microSDが不安定なのかリード解析してもファイルが全くでない時もあり

結果、破損ファイルを復旧しヘッダー部等修正することで再生可能に

必要な動画データを復旧可能にいたしました。

ファイル 1018-20.jpg




工業用PCにて溶接されたボタン電池の交換

ファイル 1018-18.jpg

電池の電圧が弱っており、BIOS設定が初期化される状態

電池は溶接されているため狭いスペースに合うソケットタイプに交換

電池交換可能になりました。

ファイル 1018-19.jpg





DELLデスクトップPCエラーで起動しない

0xc000000fエラーで起動しない状態

データ優先にてHDDを調査するも正常

コマンドを使用して起動修正

bootrecコマンドで修正にて無事以前のまま起動可能になりました。

ファイル 1018-13.jpg




富士通一体型PC画面割れ

富士通FH53/XD 倒してしまい画面が割れた状態

メーカー見積もりは高額だったとの事

HDDや他の部分に故障は無く、液晶交換にて正常表示可能になりました。

ファイル 1018-12.jpg




東芝一体型PC、D710起動しない

お調べするとHDD故障、USB接続でもドライブ認識不可

データ復旧機器にて磁気回収

日立HDD、プラッター1枚2面仕様、ヘッド分散リードを用いて読み込み試行 ヘッド0番初期に磁気不良

回避し回収成功

新しいHDDに移植修理し、全データ、ソフト以前の状態で起動可能になりました。

ファイル 1018-11.jpg




東芝一体型PC D712 0xc0000034エラーで起動しない

メーカに出すとHDDデータ故障、基板故障でリカバリ合わせ高額

分解しお調べするとHDDは数値正常、全セクタ不良なし交換不要、基板はUSBポート破損のみ

0xc0000034 UEFIシステム部不良、リカバリをせず修復試行

結果bootrec コマンドで修復成功、以前の状態で起動可能に

破損USBポートは形の近いUSB端子を取り寄せ加工し交換、アース部を切り取り半田付のみのためレジンで補強

ファイル 1018-6.jpg

無事起動動作可能になりました。

ファイル 1018-7.jpg





ELECOM USBメモリ認識しない

差し込んでもまったく反応がない状態

分解調査にて端子基板部折れ、パターン剥がれ、端子部せり上がり

不良個所を調査、特定

ファイル 1018-8.jpg

極細線等用いて修正試行

ファイル 1018-9.jpg

しかし認識せず、各パターン電圧等調査改善せず

NANDチップ取り外し復旧検討するも、同コントローラーアルゴリズム入手不可

再度パターン電圧等比較、一部抵抗チップ故障疑い

そのまま仮ブリッジにて問題なく認識成功

無事内部磁気回収、データ復旧可能にいたしました。

ファイル 1018-10.jpg






ソニーVAIOノートVPCSA2AJ(PCG-4121系)電源が入らない

SSDのRAID0内蔵タイプで内部データが必要、独自規格のためアダプターがなく本体自体を修理試行

電源が全く入らない基板故障

色々調査した結果、写真の部分にある3つのチップコンデンサ(10μF)の一つが不良

ファイル 1018-1.jpg

別のVPCSA2AJも同症状同箇所、この機種の電源が入らない原因はこれが殆どでしょう、参考までに

測定などで数ミリ隣の抵抗に触れるとショート、サブ基板が壊れたケースがあります。

バッテリーは内蔵タイプなので交換時は忘れず配線を外す必要があります。

ファイル 1018-2.jpg

狭いい箇所ですが無事交換、以前の状態で起動動作可能になりました。

ファイル 1018-3.jpg



東芝ノートT451起動せず、画面左上にカーソルで止まる

お調べするとHDDの故障 すでに数値異常

データ復旧専用機器を用いてて故障HDD内部調査

磁気損傷多数、ヘッド分散リードを使用し損傷回避回収試行

試行の末、極限まで磁気回収し成功

新しいHDDに移植し起動修正

成功し以前の状態で起動動作可能になりました。

ファイル 1018-4.jpg




富士通ノートパソコン、Windows10にUPして使用していたがシステム更新後ログインできなくなった症状

HDDをお調べすると正常

修復試行をするため、HDDをバックアップ

コマンド等にてユーザー関連に変更をかけるもグループ関連が故障しているのかその部分でエラーとなり不可

結果必要データを取り出し、リカバリ戻し修理とさせていただきました。

ファイル 1018-5.jpg




富士通ノートPC起動しない

富士通ノート起動せず

内部HDDをお調べすると WesternDigital製WD7500BPVT が故障

データ復旧専用機を使用して磁気回収試行

プラッター2枚4面仕様にてヘッド分散リードを用い読み込み試行

ヘッド0番面に不良個所が多々あり回避しつつ安全にリード

結果、回収成功し新HDDに移植

起動修正することにより、データやソフト環境含め以前の状態で起動動作可能に。

ファイル 1031-1.jpg

外付けHDDデータ復旧

外付けHDD、無音で認識せず

内部HDDはWesternDigital製WD2500BB

電気系統をお調べし、基板上チップ不良

修正し、無事通電、回転するも今度はヘッドリーターンSA障害が起こっているもよう

海外から枝番までが同じドナーを用いてヘッド交換処置

ファイル 1030-1.jpg

しかし領域認識までできるもののプラッター側に不良があるためかヘッドがもたず

複数台使用し結果一部データを回収

取れるだけのデータを復旧可能に。

ファイル 1030-2.jpg