ページの上段へ

復旧事例修理

記事一覧

重度不良HDD2

seagateのシリーズで多発している不可症例

ST2000DM001、2TB 3プラッター5ヘッドタイプ 上なし

回路正常 プラッター損傷 SA読み込み不可 FailServo Op0100

ヘッド複数回交換も不可

NAS RAID ST2000DM001、2TB 4台 3プラッター5ヘッドタイプ 上なし下なし混在

内2台リード、残り2台 回路正常 プラッター損傷 SA読み込み不可 FailServoOp0100

ヘッド交換数回も不可

ドナー群 一部2プラッター混在

ファイル 893-2.jpg

1枚目に視認できたプラッター

ファイル 893-1.jpg




単体NASに使用されていた ST3000DM

こちらも内部グリス飛(モーターオイル漏れ)散ヘッドクラッシュ

蓋を開けるとグリス粉の跡 以前の酷いものより比較的少ない量です

ファイル 893-3.jpg

フィルターを見ると真っ黒なのですぐに分かります。

ファイル 893-4.jpg

ヘッド削りと内部に見えにくいですが細かな傷

ファイル 893-5.jpg

ヘッド交換処置を試しましたがSAを少しも読み取ることができませんでした。




シーゲートのST2000DM001、異音 SA読み込み不可 FailServoOp0100

ヘッドクラッシュ症状

ヘッドを交換するもプラッター側の損傷がヘッドを痛めるためリードできず

数台分使うも即ヘッド不良になり読み取り不可

ファイル 893-6.jpg




シーゲートのST2000DL003、異音 SA読み込み不可

ファイル 893-7.jpg

ヘッド交換するもSA自体の部分読み込み不良が起き

ヘッドが後にリードできなくなる症状

複数台使用するも不可

ファイル 893-8.jpg

この種のSEAGATE製HDDは殆どがSA認識を出来ず故障しております。




こちらはノートパソコン内蔵HDD

異音(ビープ音)がして回転していない症状

開封確認するとヘッドがあらぬ方向にあり引っかかっている状態

ヘッドを交換するも一部SAしか読み込めず不可

ファイル 893-9.jpg




単体サーバーに使用されていたST2000DM001

HDDヘッドリターン SA障害 Error FAIL Servo Op=0100

クリーンボックスにて該当HDD専用工具を用いてヘッド交換作業

交換後データ復旧専用機器にてリード試行

SAをある程度読み込みHDD認識に至るものの、実データを読み込む動作でヘッドが持たず損傷

プラッター側に傷、コーティングはがれ付着などがあるもよう

複数台の同ヘッド部品交換を試行するも数セクターしか読めず不可

ファイル 893-10.jpg



単体サーバーに使用されていたST2000DM001

HDDヘッドリターン SA障害 Error FAIL Servo Op=0100

クリーンボックスにて該当HDD専用工具を用いてヘッド交換作業

交換後データ復旧専用機器にてリード試行

SAを若干読むものの正しく読めず、再びヘッドリトライへ

Error FAIL Servo Op=0100

こちらも復旧不可

ファイル 893-11.jpg




外付けHDDに使用されていたST2000DM001

HDDヘッドリターン SA障害 Error FAIL Servo Op=0100

クリーンボックスにて該当HDD専用工具を用いてヘッド交換作業

交換後データ復旧専用機器にてリード試行

SAを若干読むもののヘッドが再び損傷、ヘッドリトライへ

Error FAIL Servo Op=0100

こちらも復旧不可

ファイル 893-12.jpg




外付けHDDに使用されていたST1000DM001

HDDヘッドリターン SA障害 Error FAIL Servo Op=0100

クリーンボックスにて該当HDD専用工具を用いてヘッド交換作業

交換後データ復旧専用機器にてリード試行

SAを若干読むもののヘッドが再び損傷、ヘッドリトライへ

Error FAIL Servo Op=0100

こちらも復旧不可




SeagateDMシリーズヘッドリターン

その他50台近くDMシリーズのSA不良、復旧試行・ヘッド交換等を行ってきましたが

オイル漏れの不可以外はヘッド不良でSA障害が起こっているようです。

プラッター側に何か不純物があるのか交換後にSAを読ませてもすぐにエラーが出はじめヘッドが持ちません

復旧は困難です。

ヘッド交換後ある程度復活した状態や初期の軽い症状ならm6などseagateコマンドでファーム修正できる場合があります。

バッファローHDDデータ復旧

バッファローHDD不調な状態

内部基板の不良、消去データを復旧専用機にて安全に回収

内部希望データを復旧可能にいたしました。

ファイル 895-1.jpg


パソコン修理関連

MacBookPro起動しない

内部HDDの故障、データも必要

HDDは交換し、再セットアップ

故障HDDは損傷が酷い状態でしたがデータ復旧専用機にて復旧は可能レベル

しかし別HDDにタイムマシンデータがあり

こちらのデータを戻すことで無事以前の状態で使用できるようになりました。

ファイル 886-19.jpg






DELLノートパソコン起動せず

分解調査すると基板不良

ファイル 886-11.jpg

不良個所を特定し修理

無事以前の状態で起動動作可能にいたしました。

ファイル 886-12.jpg





DELLノートエラー音にて起動しない

エラー音はCPU例外エラーでしたが

分解調査の結果CPUに異状はなく、基板不良

ファイル 886-17.jpg

意外な部分でしたが特定し修理

無事以前の状態で起動動作するようになりました。

ファイル 886-18.jpg





MacBookPro起動しない

一度水をこぼしたとの事、水濡れによる故障の可能性

分解調査すると基板は少し錆汚れの様なものがあるものの、仮スイッチで電源がOK

ファイル 886-15.jpg

キーボードの配線から来ているスイッチが不良

交換し無事起動動作するようになりました。

ファイル 886-16.jpg




NECノート起動せず

基板を修理し正常起動

ファイル 886-13.jpg

画面に揺らぎが出ており、液晶も交換

以前の状態で正常動作するようになりました。

ファイル 886-14.jpg




MacBookPro起動後画面が真っ白な症状

コマンド等色々試したが直らないとの事

ファイル 886-1.jpg

HDDの故障かと思われましたが、HDD自体に損傷はなく、ファイルシステムに異常

こちらは修復し一旦正常起動するも、またすぐに白い画面で固まる

色々調査した結果、根本の原因が基板の故障

基板を修理、特殊施工をし、成功

ファイル 886-2.jpg

無事起動動作するようになりました。

ファイル 886-3.jpg




東芝REGZAパソコン修理起動せず

HDD重度物理故障・リカバリーディスク無し

HDDを同等に交換し、正規リカバリー

正常動作するようになりました。

ファイル 886-4.jpg





NECノートパソコン、インターネットに繋がらない

業務で使用するため、初期化不可、原状復帰が希望

お調べするとHDDとも正常でしたがウィルス感染 30検知

特殊方法で駆除するもまだ残っていたのか動作テスト後は50に増え

更にはBOOTに何かされたのか起動不可にまで

最終は全て駆除

内部冷却が汚れでできていない為、オーバーホールし

正常動作するようになりました。

ファイル 886-5.jpg






富士通ノートパソコン、電源は入るが画面が真っ暗

冷却関連があまいのか、この機種で良く見受けられる基板不良

基板を特殊加工し修理

ノーマルより耐久が上がります。

ファイル 886-6.jpg

無事、正常動作するようになりました。

ファイル 886-7.jpg




少し前に多かったWindows7への移行

こちらも工人舎ノートパソコン、WindowsXPですがWindows7をクリーンインスト―ル

動作テストにて更新でWiFi関連がエラーを起こしましたが、修正

Windows7で正常動作するようになりました。

ファイル 886-8.jpg





富士通ノートパソコン、ファンエラーで起動せず

分解しお調べするとファンがまったく回転しておらず、手で押しても固く回らない状態

ファンを分解し、特殊溶剤で超音波洗浄

ファイル 886-9.jpg

手でも簡単に回転するようになり、基板とも組み直し

エラーで止まる事なく動作

冷却・温度も正常になりました。

(冷却ができていないと、基板のチップ等他部品が壊れるため、それを防ぐエラーです。)

ファイル 886-10.jpg






バッファローNASデータ復旧

バッファローNAS認識せず

幸いミラーリング構成

1番が認識不可(SA読み込み不可 FailServoOp0100)

開封調査するとグリス飛散にて復旧不可

グリスとヘッドで盤面を削られます 写真は1番上の盤は使用しないタイプにてヘッドが無い為綺麗に見えます。

ファイル 889-2.jpg

ファイル 889-1.jpg

2番は認識するものの安定せず、データ復旧専用機器にて修正し回収

損傷欠損はあったものの内部データを可能にいたしました。

(2TB ST2000DM001 2台 3プラッター5ヘッドタイプ 上なし)

ファイル 889-3.jpg

外付けHDDデータ復旧

認識せず重度不良(SA読み込み不可)

物理不良部を修復し、データ復旧専用機器にて回収

全データを復旧可能にいたしました。

ファイル 890-1.jpg

HDDデータ復旧

HDDデータ復旧

認識せず重度不良(SA読み込み不可)

データ復旧専用機器にてSAを修復させ認識

内部損傷が多くありましたが時間をかけ極限までリード

内部データを復旧可能にいたしました。

HDDデータ復旧

(2TB ST2000DM001 2台 3プラッター6ヘッドタイプ)

HDD同型2台、BIOS認識せず

調査の結果損傷によるSA障害

ファイル 887-1.jpg

専用機器にてSA修正試行

ファイル 887-2.gif

1台は全データ復旧

もう1台は損傷があり、モジュール変更も不可

取れるだけのデータ回収いたしました。






内田洋行製オフコン修理

業務でご使用の内田洋行製オフコン、専用プリンタの電源が落ちる

分解、基板調査・修理試行

ファイル 888-1.jpg


不良と思われる基板部を大まかなにたどっていき、各部品交換試行

特定し修理成功

無事起動動作するようになりました。

(各ジョイントの脱着もスムーズでネジも素材が違い、この当時の各部品が良質でした)

ファイル 888-2.jpg



USBメモリデータ復旧

東芝USBメモリ認識せず

分解調査、基板等くまなくチェック

特に足らない電圧や断線等なし

NANDチップを外し、リーダーで読み込むも不可、非対応

ファイル 885-1.jpg

こちらのコントロールチップは結果正常

ファイル 885-2.jpg

調査の結果NANDチップ不良

ファイル 885-3.jpg

多々試行し別方法にて取れるだけのデータを階層構造付で復旧いたしました。


I-OデータHDDデータ復旧

I-ODATAHDDデータ復旧

異音がし、認識しない状態

ファイル 882-1.jpg

入念な調査の結果、内部不良と判断

内部ヘッド不良

幸いセクター損傷もなく、内部重要データを回収可能にいたしました。

ファイル 882-2.jpg