ページの上段へ

復旧事例修理

記事一覧

seagate製ポータブルHDDデータ復旧

seagate製ポータブルHDD認識せず

ファイル 1029-1.jpg

内部HDDはSAMSUNG製ST1000LM024 物理重度故障

データ復旧専用機を使用して磁気回収試行、ヘッド分散リードを用いて読み込み試行 2枚プラッター4面仕様

読めない面、部分は回避しつつリードしたものの1.8面分程リード不可

近ロットドナーを数台入手しヘッド交換処置

ファイル 1029-2.jpg

しかしヘッド固有番号チェックでモーター起動ロックされ交換リードは不可

回収した磁気データを解析し取れるだけのデータを出力可能にいたしました。



バッファローテラステーションデータ復旧

バッファローテラステーションTS0.6TGL emモードで開かない

内部HDDを取り出し調査 WesternDigital製WD1600JS×4台

RAID崩壊の2台のみ故障かと思われましたが数値上全4台故障

データ復旧専用機を使用して4台復旧開始

内部損傷は少なく問題なく回収成功し解析

整合性を合わせデータを出力、データテストOK

復旧可能にいたしました。

ファイル 1028-1.jpg

SONY一体型PC復旧修理

SONY VPCJ1、修復エラーを繰り返し起動せず。

以前から動作が遅くなってきていたとの事

内部HDDを取り出し調査 WesternDigital製WD1001FAES故障

ファイル 1027-1.jpg

データ復旧専用機を使用して磁気回収試行

プラッター2枚4面仕様、ヘッド分散リードを用いて読み込み試行 ヘッド3番に不良個所有

復旧修理を行うため回避しつつ極限までリード試行

回収成功、新HDD東芝製1TBに移植、起動修正

以前の状態で起動動作可能になりました。

ファイル 1027-2.jpg


バッファローリンクステーションデータ復旧

バッファローリンクステーションLS-CH1.0TL 開かない

内部HDDを取り出し調査 シーゲート製ST31000528AS故障

raid仕様でないNASですので、この1台が望み。

USB接続でドライブ認識はするの固まり何もできない状態

データ復旧専用機を使用して復旧試行

まずはRAMファーム類を吸出しバックアップ

磁気回収試行、ヘッドマッピング開始 プラッター2枚4面仕様

ヘッド分散リードを用いて読み込み試行 ヘッドプラッター2番リード困難 損傷多

他3面を先に回収 2番を損傷回避し極限までリードし結果回収成功

解析しデータを出力しデータテストOK

復旧可能にいたしました。

ファイル 1026-1.jpg

富士通ノートPC復旧・修理

富士通ノートAH53/K、電源を入れても画面が進展せず、ブルースクリーンエラーがでたり

最終は黒い画面で変わらなくなった状態

お調べすると内蔵HDD、WesternDigital製WD7500BPVTの故障

ファイル 1025-1.jpg

データ復旧専用機を使用して磁気回収試行

こちらはプラッター2枚4面仕様、ヘッド分散リードを用いて読み込み試行

ヘッド0番不良個所多、他面を全て回収し、0番の損傷を回避しつつ極限まで何度もリード

結果 磁気回収成功し、新HDDに移植

起動修復をしデータ、システムとも以前の状態で起動動作可能になりました。

ファイル 1025-2.jpg

ディスクレコーダーデータ復旧

パナソニックのディスクレコーダーDMR-BRT220が故障

お調べすると内蔵のWesternDigital製WD5000AUDX(グリーン)500GB が完全に故障

データ復旧専用機器にて回収試行、幸いアクセスし

プラッター分散リード使用 1枚2面仕様、内部損傷によりリードストップ

ヘッド2番面損傷多、まずはヘッド1番面を先に回収

ヘッド2番面を極限まで退避しながらリード

結果磁気回収成功、解析しビデオデータを発見

出力しデータ復旧可能にいたしました。

ファイル 1024-1.jpg


バッファローリンクステーションデータ復旧

バッファローリンクステーション、TS-WX2.0

ファームウェア更新催促がでたものの更新できず、後にエラー赤点灯で開かず通信不可になった状態

HDDの2台構成、東芝製DT01ACA100x2

以前に同症状同HDDでNASファーム更新後、なぜかHDDのファームが2台ともおかしくなり復旧不可になっている事案がありました。

こちらは幸いにも認識可能、復旧専用機器にて即ファームウェアをバックアップし復旧試行

2番が酷く壊れており1番を復旧試行

磁気回収成功、解析し希望データを出力

データ復旧可能にいたしました。

ファイル 1023-1.jpg



富士通一体型FH54データ復旧+修理

富士通PC起動せず、HDD故障(異音無し)

他業者に出したものの復旧不可の状態

ファイル 1022-1.jpg

当店、データ復旧専用機を用いて詳細調査

プラッター2枚4面仕様、ヘッド3番面が特に不良

ヘッド分散リードを用いて読み込み試行、調整しつつ慎重にリード

結果、内部1TB磁気をうまく回収、C部分を解析し構造を形成

データ発見にて無事出力可能、データ復旧可能にいたしました。

本体PCはHDDを交換リカバリ移植し、再セットアップ

復旧したデータを戻し、以前のようにご使用可能になりました。

ファイル 1022-2.jpg

バッファローリンクステーションデータ復旧

バッファローリンクステーション、LS-QV4.0TL/R5 エラー3回点滅 2番オレンジ点灯で通信不可

メーカーサポートからは危険な状態と診断

安全にデータ復旧専用機器にて回収試行

まずは安全にROM吸出しバックアップ

各HDD4台内部磁気アクセス 可能 リード回収試行 プラッター分散リード

1番Seagate製ST1000DM003 数値上正常 リード遅延異常

2番Seagate製ST1000DM003 数値異常 内部損傷多

3番WesternDigital製WD10EFRX 数値上正常

4番Seagate製ST1000DM003 数値上正常

RAIDを変えられていましたが、調査

2番は損傷が多い為使わず他のHDDにて整合性を合わせ、結果データ復旧可にいたしました。

ファイル 1021-1.jpg

バッファローリンクステーションデータ復旧

バッファローリンクステーション、LS-W4.0TL/R1J RAIDミラー エラーで開かない

データ復旧専用機器を用いて安全に調査・復旧試行

内蔵HDD1番 東芝製DT01ACA200 smart数値上は正常だが内部磁気損傷多 ヘッド分散リード試行損傷部回避、磁気回収成功

内蔵HDD2番 seagate製ST2000DM001 smart数値上異常 SA不調 HDD物理故障

結果、1番は欠損箇所が多々あったため、2番をSA修復、ヘッド分散リード試行損傷部回避、磁気回収成功

データ復旧可能にいたしました。

ファイル 1020-1.jpg