ページの上段へ

復旧事例修理

記事一覧

サムスンHDDデータ復旧

データ入れとして使用していたサムスンHDD正常に開かず

お調べするとHDD自体に数値上物理的故障は無く、論理故障

解析し、無事内部データを構造付きで復旧可能にいたしました。

ファイル 1008-1.jpg


バッファローHD-LS1.0復旧

レグザで録画にご使用されていたバッファローHD-LS1.0

ハードディスクがありませんとのエラーが表示される内容

HDDはWesternDigital製を使用

ファイル 1011-1.jpg

分解調査の結果、基板系統の故障

修正交換し、内部データ確認

ファイル 1011-2.jpg

無事以前の状態で起動動作可能になりました。



I-ODATA製HDDデータ復旧

I-ODATA製HDD認識せず

他業者見積りにてヘッド不良、高額見積りだったためキャンセルしたとの事

データ復旧専用機器を用いて調査、プラッター2枚4面仕様上部プラッター/ヘッドが読み込み不良

ヘッドマップを収集しプラッター分散リーど回収試行

しかしHDDの状態が悪くうまくリードが進まず調整しつつ回収

海外から同型の近ロットドナーを入手し試行

最終には基板のファームウェアチップがショートしたものの

無事取れるだけのご希望データを復旧可能にいたしました。

ファイル 1007-1.jpg






バッファローHDDデータ復旧

ファイル 1005-1.jpg

バッファローHDD正常認識せず

内部HDDはトラブルの多いseagaate製DMシリーズ

ファイル 1005-2.jpg

データ復旧専用機器にて調査試行

辛うじてSA認識するもののリードできず、安全対策、ROM及びSAモジュール等回収バックアップ

開封確認にて視認できる上部プラッター外周部に全体傷有

プラッター分散リード開始 調整、2プラッター4ヘッド両面仕様

下部1面のみリードが可能 他リード困難、結果不可

ヘッド交換試行 同型機種ヘッド調達、交換処置 症状変わらず

回収できた磁気データ解析、内部に存在するデータを回収

結果4分の1程度の取れるだけのデータを復旧可能にいたしました。





東芝ノートAH77データ復旧・修理

東芝ノート起動せず、HDD取り出し調査

内蔵HDD 東芝MK7575GSX 損傷重度不良

ファイル 1006-1.jpg

辛うじてSA認識するもののリードできず、データ復旧専用機器にて復旧試行

損傷を広げないよう常に監視状態でプラッター分散リード調査開始

ヘッドマップ可、2プラッター4ヘッド両面仕様

上部1面リード不可 2、3、4面リード可 2、3、4面磁気データ回収

当初困難かと思われましたが上部1面を監視状態で非損傷部を選んでリード損傷部をできるだけ回避

回収できた4面分磁気データ解析、データを復旧可能にいたしました。

ファイル 1006-2.jpg

新HDDに取れたリカバリ領域を移植、再セットアップ

復旧したデータをお戻しし、起動可能にいたしました。

富士通一体型パソコンデータ復旧・修理

富士通一体型パソコン起動せず

分解しお調べするとHDD故障 Seagate製ST3500418AS

データ復旧専用機器にて復旧試行

ヘッドマップ可能プラッター分散リード調査開始、1プラッター2ヘッド両面仕様

回収、解析したもののWindows10へのフォーマットインストールが原因か内容構成が出ず

構成なしファイル単位の回収にて写真等取れるだけのデータを復旧

ファイル 1004-1.jpg

PC本体は別途光学式ドライブが不良のため正常動作品に交換

HDDが512secの非AFTでしたがまだ辛うじて新品が入手でき交換

(この機種はAFTHDDではリカバリーが異常終了します)

リカバリディスクから再セットアップ、データを入れて無事起動可能になりました。

ファイル 1004-2.jpg



バッファローHD-LB2.0データ復旧

バッファローHD-LB2.0認識しない

開けてみると回転音はあるものの認識をしないとの事

内部シーゲート製HDD故障、データ復旧専用機器を用いて内部磁気データ回収試行

試行の末、回収成功

解析し、1.8TBのデータを復旧可能にいたしました。

ファイル 1003-1.jpg


I-ODATA HDCR-U2.0Eデータ復旧

I-ODATA製HDD、HDCR-U2.0E

フォーマットしてくださいと出て正常認識せずSMART数値も異常との事

HDDの物理故障にてデータ復旧専用機器を用いて回収試行

特殊なアクセス、プラッター分散リードで壊すことなく安全に磁気データ回収

解析し、無事内部データを復旧可能にいたしました。

ファイル 1002-1.jpg

I-ODATA LANディスクデータ復旧

I-ODATA LANディスクHDLP-S1.0

お調べするとHDD故障の上に半分は0書き完全抹消されており

その後は損傷が酷く0書きできなかったのか磁気データが辛うじて残っている状態

データ復旧専用機器にて回収試行

試行の末、残っている取れるだけの磁気データを回収

解析し、データ残骸でしたが取れるだけの大量データを復旧可能にいたしました。

ファイル 1001-1.jpg

バッファローHDJ-U2.0データ復旧

バッファローHDDデータの一覧は出るもののデータが取れないとの事

先頭データのみ生きているだけでも一覧は出るため、実際には内部破損しているケースが多くあります。

内部HDDはST2000DM001、状態によっては復旧不可によくなる問題のHDDシリーズ

念のためRAMやモジュールをバックアップし、データ復旧専用機器にて磁気データを回収試行

多少日数がかかったものの回収成功

無事データ復旧可能にいたしました。

ファイル 997-1.jpg