ページの上段へ

復旧事例修理

記事一覧

I-ODATA HDL-XRデータ復旧

ファイル 1058-1.jpg

業務でご使用されていたI-ODATA製NAS、HDL-XR

エラーRAID崩壊

調査、各HDD1番、2番 物理故障(2番重度不良)にて3番、4番で解析復旧

データ復旧可能を可能にいたしました。


リンクステーションデータ復旧

ファイル 1057-1.jpg

業務でご使用されていたリンクステーションNASサーバー

ミラーリングモードでしたがEMモードRAID崩壊

内蔵HDD2台とも故障しており物理不良

磁気データを回収解析

全データを復旧可能にいたしました。

ブルーレイディスクレコーダー修理

ファイル 1059-1.jpg

ブルーレイディスクレコーダーが正常動作しない

お調べすると内蔵HDD故障

交換修理にて無事起動、動作可能になりました。



富士通ノートパソコン起動しない

東京のデータ復旧業者で見積もりで18万円、後に8万円に下がりデータを出して頂いたとの事

お調べするとHDDは壊れておらず、USB接続で簡易にデータが取れる状態

ファイル 1056-1.jpg

修理ご依頼にて

システムの起動不良にて起動修正し無事以前の状態で起動OK、データやソフト、設定等含め動作可能になりました。

最近のWindows10はHDDは正常ならがら起動不良症状が多くあります。

※症状が簡易であるにも関わらず高額見積り業者にはお気を付けください。

ファイル 1056-2.jpg


パソコン修理・データ復旧関連





富士通ノートSH54/K液晶修理


画面が映らず液晶不良、メーカ見積もりで69,800円との事

お調べするとこの機種はよくある症状のようです

液晶の中からきているフラットケーブルが折り返した部分で徐々に断線してしまうのが原因で

ケーブルは液晶中からきているため交換ができず。

他所ではケーブルを細い線で繋いだ業者もあり

線の細さを変えながら何度か試みるものの3.5mm幅ケーブルの中の6本に線を繋ぐのは困難

ファイル 1053-14.jpg

別途、同ケーブルを片側に繋ぐ方法で対処

繋ぎ目を確実に半田固定し保護テープ類で封印

ファイル 1053-15.jpg

無事表示可能になりました。

ファイル 1053-16.jpg



NECノートパソコンLE150/C起動しない


修復を繰り返し正常起動しない状態

HDDをお調べすると正常、システム起動不良が原因

データ不要にてリカバリ修理・購入状態に戻し、初期設定いたしました。

※リカバリで購入状態に戻す方法は簡単でメーカーでも教えてくれます。

データバックアップや初期設定が必要、HDDが壊れているかもしれない場合はご相談ください。

ファイル 1053-17.jpg






iiyamaノートパソコンw550su電源が入らない


電源を押しても反応しない、内蔵HDDをUSBキットに繋いでも見れない等

業務データが最重要

HDD取り出し調査 数値上正常 全セクターチェック 不良セクター無し

安全対策、HDD内磁気データバックアップ  成功 データ確保

ノート本体分解調査 基板不良 基板故障個所特定試行

ファイル 1053-11.jpg

特定成功 部品交換 起動OK

組戻しテスト 起動OK

HDD修正 取り付け 起動成功 以前の状態で起動OK

ファイル 1053-12.jpg



DELLノートパソコンInspiron17R起動しない異音がする


HDD取り出し調査 故障 重度不良

故障HDDからリカバリ領域取り出し試行不可

HDD交換→SSHDハイブリッド

Windows8.1クリーンインストール 各対応ドライバインストール 更新

起動テストOK

更新 調整

Officeインストール メール設定 ウィルス対策

ファイル 1053-13.jpg




hpノートパソコン起動しない


起動時クルクル回った表示でいつまでも起動しない状態

ファイル 1053-10.jpg

HDD故障症状ですが分解しHDDを取り出すと正常値(分解タイプ)

一旦データを確保、念の為HDDをバックアップしシステム修正試行

結果、以前の状態で起動可能となりました。





MacProG5カーネルパニック


業務でご使用されているG5、エラー画面が出て起動せず(カーネルパニック)

ファイル 1053-8.jpg

HDD故障かと思われましたが正常値、各修正・コマンドも改善せず

一旦データを確保、念の為HDDをバックアップしシステム修正試行

仮HDDに再インストールテストも同エラー

内部各基板を取り出し調査、ハード側の故障

結果、一部部品交換し修理、以前の状態で起動可能になりました。

ファイル 1053-9.jpg






USBメモリ認識しない


業務データが入ったUSBメモリ

パソコンに差し込んでもまったく認識せず、管理画面で領域表示もでない状態

内部基板上を調査

修正することで一時的に認識可能に

結果、内部全データを復旧可能にいたしました。

ファイル 1053-3.jpg


東芝ノートパソコン電源が入らない


業務でご使用されていた東芝ノートPX/50

電源ランプはつくものの画面が映らず起動しない状態

メイン基板チップセット不良かと思われましたが、結果CPU裏のブロードライザOE907不良

ファイル 1053-6.jpg


交換し無事以前の状態で起動可能となりました。

ファイル 1053-7.jpg




ソニーノートパソコン簡易修理


初期化したものの動作が重く、キーボードは故障という状態

原因はHDDの故障

ファイル 1053-4.jpg

キーボードとHDDを交換、初期化状態を移植し

快適に動作可能になりました。

ファイル 1053-5.jpg



NECノートパソコンLL750/W、HDD故障にて起動せず


メーカ修理見積もりでは5-6万でHDD交換購入状態のデータ無しとの事

HDD取り出し調査 seagate製ST9500325AS 500GB 故障

ファイル 1053-1.jpg

念の為、データ復旧専用機器にて故障HDDアクセス

ファームウェアバックアップ後、磁気回収試行、ヘッド分散リード2枚プラッター4面仕様ヘッド4本

リードストップも不良部がプラッター1枚目の裏表に部分的にある状態、軽症

全て回収し4面とも成功、解析しデータ復旧可能ですが更に

新SSHD1TBに移植復旧修理試行

うまく成功し以前の状態で起動動作可能

メーカーより格段に安く早く更にデータ&環境も元通りとなりました。

ファイル 1053-2.jpg

ノートパソコンHDDデータ復旧

業務でご使用されていたノートパソコン内蔵HDD

故障にてキット接続でも開かない状態

お調べすると内部損傷が既に発生しており、データは開かず

復旧機器にて損傷を回避して極限まで慎重に回収し無事、希望データを復旧可能にいたしました。

ファイル 1055-1.jpg


Maxtor製HDDデータ復旧

NECパソコンに内蔵されていた旧規格のMaxtor製HDD認識せず

USBキットなどで繋いでも認識しない状態

データ復旧復旧専用機器にてアクセス試行

結果、損傷はあったものの希望データ領域は無事確保でき、解析し内部にある必要データを復旧可能にいたしました。

ファイル 1054-1.jpg

マウスPC内蔵HDDデータ復旧

マウスPC、BIOSにてもHDD認識せず異音がある状態

ファイル 1052-1.jpg

HDD取り出し調査 Seagate製ST31000524AS 1TB

ファイル 1052-2.jpg

データ復旧専用機器にて故障HDD内磁気回収試行

音からヘッドリターン故障かと思われましたが、リード時に異音がなる程度で復旧機器で認識可能、ドライブ認識は不可

ファームウェアROMバックアップ、SAを修正

ヘッド調査にてド 2枚プラッター4面仕様 ヘッド4本

初回からリード不良多にてストップ、その後無理にリードせず時間をかけ可部分を分散回収

結果、極限まで回収し、最終は4面とも成功

希望データ部を解析しデータ復旧可能にいたしました。



I-ODATA LANDISK HDL-CE2.0Sデータ復旧

企業でご使用されていた、I-ODATA LANDISK HDL-CE2.0S

ファイル 1051-1.jpg

HDD取り出し調査 Seagate製ST2000DM001 2TB 故障

ファイル 1051-2.jpg

この機種はプラッター不良が多くSA部が不良になると復旧不可になるHDD

SAはリード可能でHDD認識OK 念のためSAファームウェアROMバックアップ

ドライブ認識不可、リード不良多

データ復旧専用機器にて故障HDD内磁気回収試行

ヘッド分散リード 2枚プラッター4面仕様 ヘッド4本

磁気データ回収するも開始数セクターから0データばかり

物理フォーマットがかかったのかと思われましたが、最終は後方領域にデータ群発見 回収

解析しデータ復旧可能にいたしました。

I-ODATAポータブルHDDデータ復旧

ファイル 1048-1.jpg

I-ODATAポータブルHDDデータ復旧

内部HDD調査 東芝製MK3259GSX希少機種

データ復旧専用機器にて内部磁気データ回収試行

プラッター1枚2本ヘッド2面使用

両面リードエラー多にて復旧困難

このMK系はヘッド不良原因で読めない事が多く、高い確率でいヘッド交換して助かる場合があるHDD

ドナーを入手しこの機種に合う専用工具にて確実にヘッド交換

磁器不良部はあるもののヘッド不良で読めなかった部分がリード可能になり

出来るだけ極限まで磁気データ回収成功

解析しデータ復旧可能に




---- ヘッド交換 ----

”ヘッド交換で復旧が可能になるのは一部のHDDや症状”

高密度HDDはヘッド交換での可能性が少ない

http://gigazine.net/news/20151104-how-hard-drive-work/

ページ移動

今すぐお問い合わせ

0598-22-3075